イケタクの山口ファースト

山口県は住んでみると素晴らしいことろですが、中々他県の方に来てもらえない。
そんな山口の素晴らしさを知ってもらうために、グルメや観光地などを発信して行きます!

大村益次郎を巡る旅/日本史上最高の軍事の天才

幕末の中心となった長州藩。
吉田松陰、高杉晋作、木戸孝允がビック3で、維新後に活躍した伊藤博文や井上馨、更には高杉と共に松下村塾双璧と言われた久坂玄瑞など著名な人物が多い中で、意外と知られていないのが大村益次郎だ。
しかし大村なくして戊辰戦争の完勝はなく、靖国神社も大村によるものである。
武士の世の中から脱却し軍隊を近代化した功績は決して高杉や松陰に劣るものではない。
そんな日本史上に残る軍事の天才と言える大村の生涯や活躍を見ることができる山口市鋳銭司へ向かった。
新山口から防府、徳山方面に向かう道沿いに長沢池という割と大きな人工池がある。
その池の手前を左に曲がってまっすぐ行く。

まずは大村の生涯や活躍を見ることができるこの鋳銭司郷土館に入館する。
益次郎の銅像が迎え入れてくれるが、右に行くと大村の生涯や功績を見れる展示場がある。
展示物を見ていると館の方が、15分程度のビデオを見ませんかと誘てくれたので、鑑賞した。
改めて大村の偉大さが分かる。

この鋳銭司郷土館には貨幣の歴史を飾っている展示場もある。
ここを出て、隣にある大村神社へ。
大村益次郎を祀った神社だが、やはり史跡や名所が集中する萩に比べると地味さは否めない。
大河ドラマにもなった司馬遼太郎の名作「花神」の石碑がなければ、地味な神社だ。

とは言え、郷土館の帰りだけに、大村の偉大さを感じながら参拝する。
ここからは長沢池も見えて眺望も良い。

最後はここから車で数分の所にある墓地へ。
かなり細い道を登って行くので、少し分かりにくいが、案内版が出ているので、その通りに行けばよい。
全体的に地味な名所ではあるが、とは言えその偉大さは感じられるので、幕末、歴史好きなら是非巡ってみたいルートだ。

近くには生誕地もあるので機会があれば行ってみたい。

イケタクの大人の旅と街歩き
イケタクのスポーツエキスパート

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。